ポギャルグラフ>Pogalいぢり|カスタムとメンテナンスとご機嫌取りの記録

目指してるのは全体としての自然な佇まい

もともとそうだったように…




LIIVE CONTENTS
■ポギャルいぢり
Custom Maintenance & Craft




Styling(スタイリング)

左:2005 右:2004

未完成のカタチ

メーカーが創った「完成されたカタチ」を変えるのは邪道だと言う人もいる。でもノーマルって本当に完成してるのかな。

「製品」であるバイクのカタチは、少なからず流行に影響されるけれど、年月を経た時それは逆に滑稽に見えたりしない? 「今年の流行」は翌年の「流行遅れ」予備軍。

時代の「規制」にあわせ、デザインと実車ではカタチが変るコトも有る。販売価格の低い原付では、コスト削減の為に他車種との共通部品も多用される。

カスタムは、そうした諸事情でメーカーが出来なかった「完成」に近付けて行く作業だと思う。まぁ、何が完成かは人それぞれだけど。

初出:


■ほぼノーマルの2nd車両。ポップギャルの元の姿。

もともとそうだったように…

これみよがしな社外パーツ満載カスタムは好きじゃない。際立つ違和感が生むいかにも「替えてるぞ!」って迫力よりも、全体としての自然な佇まいを目指したい。「コレは元々こういうカタチなんだ」と思われるのが理想です。

元の車種が解らなくなる程の大胆な改造もしたくない。ポップギャルの面影は残したまま、流行が変わってもダサく見えないオーソドックスさと、どこかチープでクラシクルな雰囲気を纏うカタチにしたいと思う。

…それが成功してないから「奇妙なアジアンバイク」とか言われちゃうんだろうな。別にいいけどね、アジア雑貨とかも結構好きだし。

初出:

■2005年頃の仕様

このカタチこそが僕のポギャル

僕のポギャルは旧知のバイク屋の廃車置き場からタダで貰って来た車体。タダでくれる物はタダでくれるなりの程度だったわけで…。

エンジンを掛けるのも手こずったケド、保安部品類の破損も多かったから、手持ちの部品や解体屋で買って来た部品、廃車置き場に有った他のバイクの部品を組んで無理矢理走り出した。

その後二台の部品取り車を得る機会に恵まれて、今ではノーマル車を一台組めるだけの部品をストックしてる。…てか、組んだ。(←)

でもポギャルはこのままの路線で行こうと思う。デタラメにでっち上げた車体だけど、もうそのカタチが見なれちゃってて、このカタチこそが「僕のポギャル」って気がするから。

初出:



2nd車両は実走可能な状態で保管してるけど、自作部品の試着やケミカル試用とかの実験台になってて後ろめたい。罪滅ぼしにこのHPで比較写真とかに登場してもらう予定。




Since 2000 Pogalgraph