ポギャルグラフ>Pogalいぢり|カスタムとメンテナンスとご機嫌取りの記録

「あのころのバイク」オーナーが抱える問題

雨上りにおニューのラバーソール




LIIVE CONTENTS
■ポギャルいぢり
Custom Maintenance & Craft


Tire(タイヤ)

純正指定は、F 2.25-14-4PR R 3.00-12-2PR。どちらも現在入手不能。

ぼくたちの問題

絶版車の多くがタイヤの問題を抱えてる。かつてはポピュラーだったサイズも今では作られなくなってる場合が多い。ミニバイクの場合はなおさら顕著。

80年代後半からのプラスチックスクーターの台頭で、ミニバイクのタイヤはスクーター系の10インチとロードスポーツ系の16インチに両極化して、ソフトバイク系が履いてた中間サイズのタイヤはあまり作られなくなった。

それでも人気車の場合なら復刻タイヤが発売されたりもするけれど、不人気車の場合は顧みられるコトも無い。


僕はと言えば解体屋で中古タイヤを見付けてストックしたりもしてたけど、サイドウォールのヒビワレも激しくて、年々輝きを取り戻しつつある車体に比べてあまりにも貧相。

やっぱ、真面目に新品探すか。と思ってた矢先にリアタイヤが痛恨のパンク。タイヤ探しは急務になった。


初出:

■右が新品ダンロップD306「90/90-12 44J」

ちょこっとインプレ

選んだのはダンロップのD306。過剰品質かと思ったけど「スポーツ走行に定評がある」ってバイク屋の勧め文句が気に入った。

ポギャルはスポークホイールだから、チューブレスタイヤにチューブを入れて履く。チューブもリムバンドも新品。

新しいタイヤの利点はスタンドを払った瞬間体感出来る。転がり出しがすごくスムーズ。押して歩くのも軽いし、ダッシュ力も向上。サイドウォールが固めだから、今までは少しよじける感じが有った旋回時も安定してる。

意外な恩恵は、タイヤ幅が少し広くなったおかげでバンク時の支点が変り、いくらか右コーナーでエキパイが接地しにくくなったコト。

なるべく目をつむりたい不利点…。やっぱりちょっとサイドウォール固すぎ。路面の波打ちとかでも、コツコツした細かい突き上げを感じる。

不快な程じゃ無いし、路面状態の伝達性が高いのは「スポーツタイヤらしさ」があって好き。でも路面が荒れてるのが当たり前の、裏道や脇道・田舎道をメインにしてる僕の場合、突き上げがキビしすぎて車体に悪そう。

パターンが変に現代的なのもちょっとミスマッチ。次に履き代えるトキはIRCのにしようか。

===================

2週間後、お給料日を待って前輪にIRCのNF64「70/90-14」スズキのバーディが純正指定してるヤツを履いた。新しいタイヤの恩恵は前後セットで享受したいよね。

後の「90/90-12」も前の「70/90-14」も、意外に複数メーカーがラインナップしてる。タイヤの心配はしばらくしなくてもいいかな?


初出:

■ホイール外した時はワッシャーの入れ忘に注意!

インチ表示とメトリック表示

ポギャルのタイヤは前「2.25-14/2RP」後「3.00-12/4RP」。でもコレは「インチ表示」。

この米国式の表示方法は高性能化するタイヤの性能表示として不十分なので近年は廃れつつ有るそうで、代わって多く使われるようになったのが英国式の「メトリック表示」。

適合現行タイヤを探すには、まずインチ表示をメトリック表示に換算しなきゃイケませんね。うーめんどくさ。

タイヤメーカーのHPに掲載されてた基礎知識を元にメトリック換算してみると…「75/100(タイヤ断面がほぼ正円として)-12」? 解んねー。

まぁ、タイヤってのはゴム製品。多少のサイズ違いなら問題なく履けちゃったりもする訳で…、近い数値のタイヤを探してみる。

ヤマハの働くスクーター「ギア」が前輪に履いてるのが「90/90-12 」。ちょうど旧知のバイク屋にギアの廃車が有ったので幅や外径を実測。

幅は少し太いけどドコかにコスるってほどじゃ無いし、外径はほぼ変らない。ポギャルは後輪、ギアは前輪だけど、このサイズのタイヤは前後共用の物が多い。バイク屋にも「イケんじゃね?」と御墨付き頂き早速注文。


初出:

■フロントはIRCのNF64「70/90-14」


■「おう、コレでバッチリよオ!」バイク屋の若旦那。

参考資料

多くのタイヤメーカーがHPに「表示に関する基礎知識」のページを設けてる。ブリヂストンのが解りやすくて親切。

http://mc.bridgestone.co.jp/pdf/mcintroj.pdf

記録

純正指定 代用サイズ 現在装着 履替日
F 2.25-14 70/90-14 IRC
N
F64
05.07.
R 3.00-12 90/90-12 DUNLOP
D306
05.06.




Since 2000 Pogalgraph